日本イエス・キリスト教団ご挨拶

日本イエス・キリスト教団ご挨拶

現在地: ホーム > ご挨拶

日本イエス・キリスト教団ご挨拶

 日本イエス・キリスト教団は、2021年に創立70年を迎え、現在は沖縄から北海道まで125の教会が宣教に携わっています。台湾基督長老教会と大韓イエス教長老会と、それぞれ宣教協約を結び、世界宣教にも力を入れています。
 また、日本福音同盟(JEA)と日本福音連盟(JEF)に加盟して、福音派の諸団体と協力しながら国内宣教に取り組んでいます。

 霊の流れは、B・F・バックストンが1890年(明治23年)に英国聖公会の海外宣教(CMS)から派遣されて生み出された教団です。バックストンは、ウエスレーの恵みに立ちつつ、どの教派にも所属しない日本人による教会を願いました。自己絶望をよりどころにして、神の大能に全き信頼をする「わが霊による」(ゼカリヤ書4章6節) の恵みに立ち、その恵みにあずかる聖徒、献身者を生み出しました。それは、健全で穏健な聖霊体験でした。この流れの中で、1951年(昭和26年)に教団が結成され、1981年(昭和56年)に日本イエス・キリスト教団信仰告白を採択して、今日に至っています。

 現在、教団は霊交互助の精神を踏まえつつ、2017年から「協力教会制度」、2019年から「次世代宣教と信仰継承」に取り組み、あまねく宣教に励んでいます。関西聖書神学校は2020年に新校舎が建設され、新しい歩みをスタートしましたが、その経営のために日本伝道隊や諸団体と協力しながら、伝道者、牧師、信徒奉仕者の養成に取り組んでいます。

 読まれた方々に祝福をお祈りします。





日本 イエス キリスト 教団 メニュー

スペシャル