日本イエス・キリスト教団

いのち溢れる礼拝を献げよう

現在地: ホーム

お知らせ

2024年1月10日
能登半島地震緊急支援へのご協力とお祈りのお願い

 1月1日(月)、能登半島地震が発生、甚大な被害が出ています。キリスト教支援団体も活動を始めており、私たちの教団としても緊急支援金の募金を開始することとしました。諸団体への送金の他、今後想定される教団内有志によるボランティア活動などへの支援を考えています。お祈りください。

活動紹介

第57回教団牧師研修会開催

 2023月10月17日(火)~19日(木)、第57回教団牧師研修会がオンラインで開かれ、教職120名余りが集いました。主題は「転換点を迎えて―過去への感謝、現在への確信、未来への指針」。大きな転換点を迎え、今後の方向性を問いつつプログラムが進められました。

 始めの聖会において、横田法路師がマタイ24、28章から今の時代を踏まえて、果たすべき宣教の方向を示されました。

 期間中、「教団改革の基本方針」、「新設・青年宣教主事」、「教団事務所移転計画」、「出版物変更」などの説明があり、今後の変化に対応するための様々な提案を受け、分かち合いと質疑応答がなされました。牧師会では、各局、教区の取り組みが紹介され、情報共有と次年度への備えが行われました。

 これから正念場を迎える教団にあって、将来を委ねる立場、今を支える立場、これからを担う立場と、それぞれの教職が、賢く忍耐強い備えと、一致をもって主の業に励むことのために祈りをささげました。

新着情報

2022年4月

総務局相談室 ハラスメント・牧会相談窓口のホームページ開設

標語

-2023年度 教団標語・聖言-

<標 語>

「転換点を迎えて

-過去への感謝、現在への確信、未来への指針-」

<聖 言>

「あなたは私たちの先祖の前で海を裂き、彼らは海の真ん中の乾いた地面を渡りました。追っ手は、奔流に吞み込まれる石のように、あなたが海の深みに投げ込まれました。 昼は雲の柱の中にあって彼らを導き、夜は火の柱の中にあってその行くべき道を照らされました。」

(ネヘミヤ記9章11~12節)

 

「このように、あなたがたは主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストにあって歩みなさい。キリストのうちに根ざし、建てられ、教えられたとおり信仰を堅くし、あふれるばかりに感謝しなさい。」

(コロサイ人への手紙2章6~7節)

日本 イエス キリスト 教団 メニュー

スペシャル

日本イエスキリスト教団事務所 住所、電話、FAX

日本イエス・キリスト教団
(事務所)

代表役員 井上義実

  • 〒652-0804兵庫県神戸市兵庫区塚本通3丁目3-19
  • Tel078-575-5511
    Fax078-575-6611
  • Email
  • 施設情報(地図等)

当サイト内での聖句引用は、特に断りのない場合、いのちのことば社発行の『新改訳2017』によります。
🄫2017 新日本聖書刊行会